二重整形にかかる費用|お得に改善する極意

ウーマン

瞼の悩みが解消できる施術

瞳

施術の流れを把握しよう

一気に見た目が華やかになる美容整形が、二重まぶたの形成です。二重整形は少ないリスクで劇的な効果がある美容整形です。腫れぼったい一重まぶたや細い一重まぶたも、二重整形をすることでくっきり・ぱっちりとした愛らしい目元になります。一重まぶたが二重まぶたになるだけで別人のように生まれ変わり、第一印象もとっつきやすくなるので好感度アップ間違いなしです。「埋没法」は、数ある美容整形の中でも需要が高い二重整形です。細い糸を入れて二重まぶたを形成するので、メスでまぶたを傷つけるのが不安な人を中心に人気です。埋没法はカウンセリングをした当日でもできます。手術をする前に希望の二重ラインを決めて、しるしをつけます。そして局所麻酔や点眼麻酔をして、痛みがないように感覚を麻痺させます。麻酔が効いているので、手術をしている間はまったく無痛です。手術の時間は両目で20分〜30分です。手術後はまぶたに腫れが出ます。カウンセリングをした日に手術を希望する場合は、サングラスや帽子を持参していくのがおすすめです。腫れが完全に引くまでには、2週間〜3週間ほどかかります。安静にしていれば腫れが引きやすいですが、激しい運動、入浴、サウナなどの血行が良くなる行為をすると腫れが引きにくくなります。術後に腫れがでますが、埋没法はメスを入れないので、切開する手術と比較するとダウンタイムが少ないほうです。また、本格的に切って二重のひだを形成するわけではないので、もしも気に入らない結果になったら再手術をすることが可能です。埋没法の手術費用は、糸の結び方やかけ方によって多少違ってきます。中でも、一番安い費用でできるのが一点止めです。糸を一点だけで止めて、まぶたの筋肉が二重になるように作る二重整形です。一点止めであれば、1万円〜3万円の費用で二重まぶたが作れます。ただし、この方法は奥二重の人や、まぶたの脂肪が薄い人向けです。腫れぼったいまぶたの人が一点法で埋没法をすると、もとの一重まぶたに戻る可能性もあります。そんなまぶたの脂肪が厚めな人、できるだけ効果を長持ちさせたい人に合っているのが、二点法や三点法です。できるだけ糸を止める箇所を多くすれば、自然なカーブがついた二重まぶたになります。また、止める箇所が多いと強度がアップするので、糸が切れて一重まぶたに戻るリスクが少なくなるのもメリットです。止める箇所が多いほど一点法よりも費用が高くなり、3万円〜9万円が相場です。クリニックによっては、もとに戻ったときに再手術が無料または格安にできる保証がついています。また、腫れや痛みが心配なら、可能な限り腫れないように手術をしてくれるクリニックもあります。