二重整形にかかる費用|お得に改善する極意

ウーマン

埋没法と全切開法

注射器

手術の特徴

二重整形は大手美容外科ならどこでもできるほど定番です。しかし、クリニックごとに手術の仕方や手術プラン、費用などが異なります。これから二重整形をしようとしているなら、クリニックのホームページでその辺をよく調べることが大切です。初めてだと外科的な美容整形手術に抵抗がある人が多いです。しかし、二重整形なら、外科手術なしでできる「埋没法」があります。埋没法は、リスクが少ないプチ整形として知られていて、多くのクリニックで採用している二重整形です。クイック法やナチュラルベーシック法など、クリニックごとに名称が違うことがありますが、糸をまぶたに埋め込む埋没法であることは共通しています。埋没法は医療用糸をまぶたに埋め込んで、目を開いたときに二重になるように形成するプチ整形です。外科手術をしないので、痛みや腫れなどが少なく、気軽に受けることができます。不自然ではなく、他人に整形したことがばれない、ナチュラルな仕上がりになるのも埋没法の魅力の一つです。しかし、埋没法の手術費用はクリニックによってかなり差があります。中でも、腫れない麻酔をしてくれたり、複雑に糸をかけて取れないように工夫してくれたりするクリニックは、施術費用が10万円以上します。それ以外であれば、平均して6万円ほどです。片目だけなら1万円以内で埋没法ができるところもあり、学生でもお小遣い程度の出費でぱっちり二重になります。埋没法は低リスクで費用もお手頃な二重整形となっています。なので、二重になりたいと希望する人は、一度医師に相談してみるとよいでしょう。持続力には個人差がかなりあります。手術をしてから一年も経たず糸が切れてしまう人もいれば、20年30年と長持ちする人もいます。しかし、これは技術力のある医師の元で手術をすることや、術後の生活に気を付けることでクリアできます。技術力が高い医師の元で手術をすることで、埋没法でも元に戻りにくくなります。また、まぶたを強くこすると糸が切れることがあるので、アイメイクをクレンジングするときには注意をすることが大切です。外科手術に抵抗がなく、多少費用がかかっても半永久的に二重になりたいなら「全切開法」が最適です。外科手術でまぶたを切開し、一重を二重にするのが全切開法です。全切開法なら元に戻ることがなく、半永久的に持続します。また、外国人のように幅広の深くくっきりとした二重のラインを作ることも可能です。全切開法の手術費用は、両目で25万円が相場です。全切開法はメスを入れる手術なので、まぶたの腫れが1ヵ月程度続きます。また、埋没法よりもリスクが高いため、後悔しないように腕のいい医師のいるクリニックを選ぶことが大切です。